不動産仲介担当者にお礼は必要?渡す時期・値段はどうする?

不動産仲介担当者にお礼は必要?渡す時期・値段はどうする?

338view

2018.07.20

不動産仲介でお礼は必要なの?

不動産仲介でお礼をしなくてもよい

不動産売却をするときに、不動産仲介業者を通すのが一般的です。どういう不動産なのか、いくらくらいで売却したいのか、親身になってくれることが多いので、実際に売却した場合はお礼が必要なのではないかと疑問に思う人もいます。不動産仲介業者は、不動産の販売金額から仲介手数料を受け取っているため、基本的にはお礼をしなくてもよいです。

お礼をしないから非常識、というルールもありません。ただし、不動産売却には1年以上かかるケースがあり、その際に不動産仲介担当者と仲良くなったからお礼をしたい、という場合はお礼をしましょう。基本お礼は断られないので、菓子折りなどを用意してあげるとよいでしょう。

不動産仲介でお礼がしたくなる瞬間

不動産売却をするときに、書類を用意してくれたり、悩んでいるときにアドバイスをしてくれたりするのが不動産仲介担当者です。

  • 隣の敷地との境界が不明確な場合
  • 遺産として不動産が残った際に、売却に反対している親族がいる場合
  • 買い手が見つからずにアプローチ方法を検討する場合

不動産仲介担当者は、不動産を売却するために問題となる境界や家族の説得などへのアドバイスや、手続きを案内してくれるので、不動産仲介担当者との関係が親密になることが多いです。「お世話になったからお礼がしたい!」ということであれば、お礼をすることは可能です。

お礼は言葉でも十分伝わる

お礼というと金品・菓子折りなどを想像するかもしれませんが、お礼をしたいときには「ありがとうございました」と言葉で伝えることも大切です。お世話になった場合は具体的に、こういうときに助かった、と伝えてあげることで担当者のモチベーションを上げることが出来るので、お礼の品を渡すのもいいですが、言葉でお礼を伝えることも忘れないようにしましょう。

不動産仲介担当者へのお礼はどんなものがいい?

(1)3,000円程度の菓子折りが理想

不動産仲介業者とのやり取りは営業マンがメインですが、営業マン以外の人も不動産売却にかかわってくれているので、担当者だけでなく事務作業をしてくれている人も受け取れるような菓子折りが理想です。値段が高すぎると賄賂のようになってしまい迷惑をかけてしまう可能性があるので、値段が高すぎない3,000円程度の菓子折りを用意しましょう。

また、事務所で配れるように30個入りのような菓子折りだと事務所に帰ってから分けられるのでおすすめです。お菓子には生ものを避けて、日持ちするもの、気温や温度で悪くならないものを選ぶとよいでしょう。おせんべいやバームクーヘンなどは定番の菓子折りです。

(2)渡すタイミングはいつがいい?

お礼の品を渡す時は、基本的に不動産売却が終了してからがよいでしょう。一般的には、不動産引き渡し日に渡すようです。不動産引き渡し日には、買い主・司法書士・銀行担当者・不動産仲介担当者が集まるので、最後にこっそり渡すのがよいそうです。

もし人が多くて渡しにくかった場合は、後日事務所に届けるという方法もあるので、渡しやすいときに渡すようにしましょう。その時にお礼を伝えられるとベストかもしれません。

不動産仲介担当者が喜ぶお礼は・・・

不動産仲介担当者が一番喜ぶお礼は「紹介」です。身近に不動産売却を考えている人がいたら、不動産仲介担当者を紹介してあげましょう。紹介は担当者指名と同じなので、担当者に利益が入ります。売り上げが上がれば出世にもつながるので、絶対に紹介しなければいけないというわけではないですが、紹介してあげると喜ばれます。

お礼は気持ちなので、菓子折りも紹介も「したい」と思った時にすればよいので、強制ではありません。もしお礼をする場合は、3,000円程度の菓子折りを引き渡しの時にこっそり渡すのがよいでしょう。不動産売却するときには、営業マンとの関係が親密になることが多いので、好きなお菓子などを聞き出しておくと迷わなくて済みそうです。負担にならないようにお礼をしていきましょう。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る