不動産仲介会社への依頼をネットを介して行うことのメリットとは

不動産仲介会社への依頼をネットを介して行うことのメリットとは

104view

2018.07.21

ネット社会では直接購入しやすくなったが

物件探しの際には不動産仲介会社に直接出向き、そこでしっかりと話し合った末に物件を購入することが定番となっていましたが、ネット社会の現在では不動産仲介会社を介さずとも自分で物件に関する情報を確認することができます。

もちろん、不動産仲介会社の利用状況に関してもネット社会ではよくなっていて、ネットで不動産仲介会社と簡単に連絡を取ることができるようになり、購入を希望する物件があった場合のみ不動産仲介会社に出向くといったことも可能です。

それでは、ネットで不動産に関する情報を入手できるようになった現在、不動産仲介会社を利用する上でのメリットはどのようなものがあるのでしょうか。詳しくは、後述で触れていきます。

ネット社会で利用しやすくなった不動産仲介会社

信頼性とサービス面のメリットがとても大きい

不動産仲介会社を介して物件を購入もしくは借りる場合、自分で購入までの手続きを行うことに比べて安全性やサービス面が全く違います。ネット社会において需要が問われていたのはとうに昔の話で、むしろ後述のように物件探しの段階から不動産仲介会社に行かなくてよかった分の利用しやすさから需要が大きく増している現状です。

ネットでは不動産仲介会社が登録している不動産サイトにおいて物件の情報が載るようになり、部屋の中の雰囲気などを一目でチェックすることができます。そのため、一度下見を行っているような状態から最終確認として不動産仲介会社に出向くことになりますので、契約までに時間がかかるようなことが少なくなり、メリットが浮き彫りになっている状態です。

これに加えて、不動産仲介会社では物件に関する仲介責任を請け負っているため、責任をもって物件の紹介から契約までの手続きを行ってくれますから、もしものような事態も起こりにくいことが大きいといえます。自分で購入までの手続きを行った場合、悪質な詐欺に遭ってしまう可能性もあるため、そのような心配がなく物件の契約にこぎつけられる不動産仲介会社の存在は、とても心強いです。

サービス面に関しては、物件に関する点検を保証していることが特徴となります。簡単に言えば、物件のクリーニングやセキュリティ面の管理などが挙がりますが、建築されて数年の物件であってもこれらを先にこなしてくれることは、思った以上に手間が省けるのです。初期費用にこそなりますが、自分で購入した物件の状態が良くない場合は全て自分で業者に依頼して行わなければならず、「不動産仲介会社が行ってくれた場合の方が安価で済んだ」ということもあります。

このように、安心して購入手続きまで持っていけるのは不動産仲介会社に依頼した場合の特権になりますので、契約の手間が省けるようになった現在では、不動産仲介会社のメリットがむしろ目立つようになっているのです。

仲介手数料を支払ってでも

また、不動産仲介会社が大きな需要を集めているもう一つの点としては、デメリットが「不動産仲介手数料が掛かる」くらいしかないという点も大きいです。自分で購入した場合と比較してこのコスト面がどれだけ響いてくるかが焦点になるのですが、当然物件を安心して購入することができることを重視する場合は、不動産仲介手数料を支払ってでも依頼した方がいいのは言うまでもありません。

コスト面重視で自分で購入することにした場合は、悪質な売主と契約するようにしない、ハウスクリーニング等を自分で依頼して行ってもらう、といった実際の契約とは違う仕事もこなすことになりますので、いろいろと大変な面も多いです。

これに加えて、不動産仲介手数料に関しては詳しくは物件の価格によって異なるものの上限がありますから、その点についてもしっかりと考慮して自分で購入することを考えましょう。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る