不動産仲介してもらい入札方式を利用すると不動産は高く売れる?

不動産仲介してもらい入札方式を利用すると不動産は高く売れる?

58view

2018.07.21

不動産を少しでも高く売る方法?

個人でも入札に参加できるの?

欲しいと思う買い手が多ければ多いほど、物の値段は高くなります。つまり、需要と供給で価格は変わってくるのです。そして、それは扱う商品が不動産でも同じです。そこで気になってくるのが、買い手が多い場所とはどこなのか?ということ。その場所が、最初からある程度購買意欲が高い人が参加する入札です。入札に参加している人というのは、基本的に購買意欲が高いとされています。

しかし、ここで個人が入札に参加できるのだろうか?という一つの疑問が出てきます。意外に知られていないのですが、実は、個人でも入札を通じて不動産を売却することができるのです。その方法が、不動産屋などの仲介業者に間に入ってもらう方式となっています。業者でもない限り、個人が何度も不動産の売却をすることは、多くありません。そのため、さまざまな不安が出てきます。

安く買い叩かれないだろうか?相場にそった金額で買い取ってくれるのだろうか?そんな不安を抱く人も少なくないでしょう。しかし、そんな不安も入札制度を利用することによって、買い手が相場にそった値段を設定してくれるため心配がいりません。

入札のデメリット

買い手が競争することによって、適切な価格での売買が行われる可能性が高い入札ですが、デメリットは存在するのでしょうか?そこで、ここでは気になるデメリットについて紹介していきたいと思います。最初のデメリットは、買い手が見つからないこともあるということです。入札する側、つまり買い手が欲しいと思わなければ、当然入札はありません。

そうなると、買い手がいないために不動産を売ることはできません。そのため、早急に売りたいと考えている場合には、入札は向いていないといえるでしょう。また、もう一つのデメリットが、相場よりも安い価格で買われるという可能性がある点です。入札を行う前には、売り出し価格を設定します。つまり、この価格を下回る場合には売らないという基準を作るのです。

しかし、この価格は多くの場合、入札0という事態を防ぐため、相場よりも低めに設定されます。低めに設定しているところに、入札したのが一人で、その価格が売り出し価格に近いものであれば、相場よりも安く売ることになってしまうということになってしまいます。

少しでも高く売るために、入札を利用したのに、これでは意味がありません。そこで、入札を利用する前には、自分が売ろうとしている不動産にニーズがあるのかという点を考慮する必要があるのです。

気になる仲介手数料

仲介手数料の相場とは?

仲介してもらうことによって、入札に参加すると気になってくるのが、仲介手数料です。いくら、不動産が高く売れたとしても、仲介手数料が大きければ、得をしているのか損をしているのか分かりません。そのため、仲介手数料には注意が必要です。

仲介手数料は、不動産屋によって若干の違いがあるため、調べる必要があります。ただ、仲介手数料には上限が定められています。そのため、ある程度の予測をたてることは可能です。少しでも高く売りたいと考えているのであれば、仲介手数料も重要なポイントとなるので、必ず確認するようにしましょう。

不動産屋に依頼する前に確認すること

注意するのは、仲介手数料だけではありません。不動産屋によっては、入札システムがないところも存在するからです。そのため、事前確認が必要になってきます。また、システムも会社によって若干の違いがあるので、複数社に相談して比較検討することが大切になってきます。

しっかりとした不動産屋であれば、売り出し価格の設定も根拠ある設定をしてくれますし、なぜ、売り出し価格がその価格なのかも説明してくれます。納得できる形で不動産を売りたいのであれば、仲介手数料とシステムの確認。そして、明確な説明をしてくれる不動産屋に頼むようにしましょう。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る