不動産仲介に掛かる手数料ってなに?計算方法も解説

不動産仲介に掛かる手数料ってなに?計算方法も解説

99view

2018.07.21

不動産仲介手数料とは

売買契約時に発生するもの

不動産の仲介手数料とは、不動産会社と買主の双方の合意のもとに契約が完了して始めて発生するものになります。契約合意したタイミングで不動産会社には仲介手数料を請求する請求権が発生します。(世間一般的には成功報酬ともいう)

そのため、賃貸などを探すとき不動産会社を通し契約を行う場合でも、あなたと不動産会社の間に売買契約が成立するまであなた(買主)が不動産会社に仲介手数料を支払う必要はありません。逆に言えば、違和感のあるタイミングでそうした類のお金を手数料などと請求してくる不動産会社がある場合は、信用することは難しいだけでなく違法行為に当たる場合もあります。

仲介手数料の上限は決まっている

違法行為というお話をちらっとしましたが、仲介手数料(成功報酬)を不動産会社側が買主に請求できる金額は自由に決めていいわけではありません。店舗によって請求金額にずれがあるなどということは少なくとも上振れすることはあり得ません。

詳しくお話すると、不動産の売買を行ううえで遵守しなくてはならない法律として、宅地建物取引業法というものがあります。これによると、不動産会社が受け取ることのできる仲介手数料には上限があり、その上限を超える金額を受け取った場合には法令違反となり罰せられることになっています。

また、法で定められているのは「上限額」なので毎度毎度その上限額で請求ができるというわけでもありません。仲介手数料の上限額は取引額が200万円以下の場合は取引額の5%まで、200万円~400万円以下の場合は取引額の4%まで、400万円をこえている場合は3%までとなっています。これらは全て別途消費税が掛かります。

不動産仲介手数料をさらに詳しく

不動産仲介手数料の計算方法

以上のことが理解できると、ご自身が賃貸などを不動産会社で契約する際、不動産会社から掲示されると思われる仲介手数料を事前に計算することができます。例を挙げます。売買額が2,000万円の土地を不動産会社で購入する場合、その仲介手数料を算出する計算式は以下の様になります。

  • ①2,000万円の内の200万円までの部分→200万円×5%=10万円
  • ②2,000万円の内の200万円越えから400万円までの部分→200万円×4%=8万円
  • ③2,000万円の内の400万円越えの部分→1,600万円×3%=48万円

①+②+③を全て足した金額である66万円が、不動産会社から請求される仲介手数料の上限額ということになります。そして仲介手数料には別途消費税が掛かるので、そちらもお忘れなく。

不動産仲介手数料は安くできるケースもある

安くなるのかという問いに対しての結論からお話すると、答えはYESです。というよりも半額、もしくは不動産会社によっては無料というところもあります。これは不動産業界の仕組みの問題です。不動産会社は買主、つまり家に住みたい人、探している人とオーナー、家を持っている人、貸したい人を繋ぐ仕事をしています。

そこには「客付け」と「元付け」という呼び名が存在します。家を借りたい人をサポートするのが客付け、オーナーをサポートするのが元付けです。これらを両方行うことのできる人もいれば片方のみの人もいます。そして不動産会社はこの仲介手数料で収益を上げるわけですが、客付けも元付けも両方できる人の場合、お客様からもオーナー様からも仲介手数料を受け取ることができます。

そうした両社を担うことのできることを「両手」といいますが、両手の不動産会社の場合は不動産会社の意思次第でお客様側からは仲介手数料はとらない、その変わりにそれを売りに契約数を上げようということもあり得るのです。そのため、仲介手数料が無料という不動産会社があるのは、そういう仕組みの元に成り立っているのです。決して怪しい会社というわけではありません。

不動産仲介に掛かる手数料ってなに?計算方法も解説のまとめ

仲介手数料は、出来ればコストの削減のためにもかからないところで理想の物件が見つけられると、家を借りたい側としては助かります。また仲介手数料の計算方法が分かることでご自身のご予算に合わせていくらまでの物件なら購入できるのかなどの目安にもなるかと思います。これから物件の購入、賃貸を検討されている方は知っておくと役に立つかもしれません。今回のお話がご参考になれば幸いです。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る