不動産仲介とローンの関係性・疑問について見てみよう!

不動産仲介とローンの関係性・疑問について見てみよう!

102view

2018.07.21

不動産仲介の費用とローンの関係性を紹介!

不動産仲介の費用は、ローンを組める場合がある

不動産を売却するときに発生する「不動産仲介費用」について、ローンを組んで支払えるケースがあります。なお、ローンを組みやすい人は下記の通りです。

仲介費用が安い

仲介手数料は基本的に「売却価格の〇〇%」の形で金額が決まるため、高い物件を却するとなれば仲介手数料で何千万円発生するケースもあります。仲介手数料が安ければローンを組める理由は、ローンの金額が安いほどハードルが低いからです。ただし、審査の基準はローン会社によって異なるので気を付けてください。

職業的地位がある

職業的地位が安定している人であれば、ローンを組める確率は高くなるでしょう。とくに、「公務員」は一般会社員と違いリストラされることがほとんどないので、ローンの審査に通る確率が比較的高いといわれています。また、大手企業の役員など上級の役職に就いている人も、審査は比較的緩いといえるでしょう。

逆にローンが組めないときってどんな場合?

ローンを組める人がいる一方で、組めない人もいます。ちなみに、ローンが組めない確率が高い人は下記の通りです。

過去に債務整理をしたことがある人

債務整理をしたことがある人は、審査を通過するのも難しいでしょう。なぜなら、ローンを返済してくれる可能性が低いと思われているからです。個人信用情報機関のデータで、ローンを申し込んだ人が債務整理をしたか一定期間分かるようになっています。

しかも、ローンの審査はコンピュータでおこなわれることも多いため、ごまかすのも難しいです。また、一定期間経過し債務整理のデータがなくなっていたとしても一度落ちたことがあるローン会社で審査する場合、審査に落ちたときのデータがローン会社で保管されている可能性が高いので、通過できる確率は低いでしょう。

収入が不安定な人

収入が不安定な人とは、一般的に「非正規社員」や「個人事業主」などです。正社員と違い、毎月の収入が入り続ける保証が低いため、審査落ちする可能性は十分あります。たとえ、収入が多い経営者だったとしても、ローンを組めない可能性は0ではないので収入だけで決まると思わないようにしましょう。

仲介費用が高すぎる人

仲介費用が高すぎる場合も、ローンを組めない確率が高くなるでしょう。理由は、さきほど話した通りローンを組む金額が大きくなるほど、審査基準も厳しい傾向があるからです。1,000万円単位であれば、ローンを組める人も多いかもしれませんが、5,000万円や1億円などになると審査通過する人は減るので気を付けましょう。

ローンを組むときに気を付けることとは?

1.住宅ローンと一般ローンはどちらがオトクか?

住宅費用を中心に営業しているローンと、銀行や消費者金融などいろいろな用途で使えるローンの2種類あります。現在の状況や仲介手数料の金額を照らし合わせて、どちらのローンを利用した方が良いか考えたうえで決めましょう。ローン会社によって、制約やルールなども違うので慎重に決めることをおすすめします。

2.変動金利か固定金利か?

ローンを支払うときは、元金の他に「利息」の支払いも必要です。その際に、利息が「変動」か「固定」かも確認しましょう。変動とは隔年で利率が変動する利息のことで、固定とは利率が変わらないパターンです。また、ローンによっては一定期間利率が変わらない「10年固定」タイプなどのローンもあります。景気や物価状況によって利率は変わるので、慎重に選んだ方が良いでしょう。

3.利率が低いか高いか?

利率の高さも重要です。同じ金額のローンを組むにしても、方や「10%」、もう一方は「8%」と差がある場合もあります。数%の差だから関係ないと思っている人もいるかもしれません。

ただ、仮に1,000万円のローンを組んだ場合、年利10%だと1年間で「100万円」の利息ですが、年利8%だと「80万円」で済みます。単純に20年間、これだけの金額が利息で発生するとなれば、利息だけで「400万円」も違うので、利率も慎重に見極めた方が良いでしょう。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る