不動産仲介手数料が無料のわけは?キーワードは「元付」

不動産仲介手数料が無料のわけは?キーワードは「元付」

74view

2018.07.21

不動産仲介手数料とは

不動産仲介手数料の仕組みとは

仲介手数料とは不動産会社を通して賃貸契約をするときや、一戸建てやマンションを購入するときなど、売買をする際に不動産会社側に支払う必要のある手数料のことです。また仲介手数料の特徴として、成功報酬という点にあります。つまり、不動産会社側と買主(家を借りたい人、購入したい人)との間の双方の合意のもとに契約が成立した場合にのみ発生するものになります。

また、これからお話しますが不動産業界の仕組みのひとつに「客付け」「元付」「両手」といわれるいわば不動産会社のタイプがあり、そのタイプ同士の組み合わせによっては仲介手数料が無料になることもあります。

仲介手数料は安かったらいい訳じゃない

仲介手数料は値引き交渉することも可能です。家賃がオーナーとのやり取りで安くすることが可能なように、不動産会社とのやり取りで安くなる場合もあります。またお話ししたように初めから仲介手数料を取らないということを売りにした不動産会社もあります。

ですが、注意しなければならないのはただ安いからという理由で不動産会社のサービスや質が悪くその後にストレスや悪影響があることです。契約をして長く付き合うことになるのであれば、なおさら不動産会社の対応や信用できるかなどは注目すべきです。

そのため、ただ安いからといって即決するのではなく、きちんと話を伺い、納得できるということも大事なポイントになります。

そもそも仲介手数料は何のために払うのか

不動産会社へ行くと当たり前ですが、賃貸契約をするまでに希望の条件からアパートやマンション、一戸建てに至るまで、調べ、内覧なども車で案内してくれます。また契約の際には契約に必要となる書類や、入居に必要な審査、こちらが申し出れば大家さんとの値段交渉なども引き受けてくれます。

そうした諸々のことへの対価として仲介手数料を支払うことになります。しかし仲介手数料はお話したように、契約することで発生する費用なので、それらのことをしてもらったからといって発生するものではありません。

そのため、しっかりと自身の目で内覧や物件の比較をして納得したうえで発生するものなので、契約時には納得して支払うことができるのではないでしょうか。その為にも、ご自身が満足いくまでしっかりと悩み、判断しましょう。

不動産仲介における元付とは

オーナー側の代理を務める元付

先ほど仲介手数料が無料になる場合もあるというお話をしましたが、そのからくりは不動産業界の仕組みから来ています。「客付け」「元付」「両手」の話をしましたが、それぞれ簡単にご説明できるのでお話します。

まず「客付け」とは駅前にあるような家を借りたいと探している人を対象に、オーナー(家を貸したい人)と結びつけるタイプの不動産会社を指し、「元付」はオーナーに家を貸して欲しいという依頼があった際に対応する側で、一般的に私たちのように家を借りたいと思っている人達の前には基本的には出てこない職業です。そして「両手」はこれらの業務をどちらも行える不動産会社のことを指します。

つまり「客付け」や「元付」はともにお客様とオーナーのどちらからしか仲介手数料はもらえないのに対して、「両手」はどちらからももらうことができます。そのため両手の不動産会社はお客様から仲介手数料は貰わないという選択も取ることができ、結果、仲介手数料は無料というサービスが生まれているのです。

仲介手数料の元付のまとめ

仲介手数料無料のカラクリはこの元付という仕組みがあってのものということがお分かりいただけたでしょうか。借りる側からすると、とても嬉しいですね。しかし、ただ安いからといって不動産会社の質が悪くては、契約後に住み始めてから何かが起こり、不動産会社を頼らざるをえないといったときに困ってしまいます。

そのため、安いというだけで選ばず、不動産会社の質やサービス、対応などもきちんと納得した上で契約をするようにしましょう。今回のお話がご参考になれば幸いです。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る