不動産業及び不動産仲介業に関わるなら業界動向を確認しておこう

不動産業及び不動産仲介業に関わるなら業界動向を確認しておこう

65view

2018.07.21

業界動向を調べる意義と業界動向を内容とは

不動産業はとても流動的なもの

不動産業の開業や不動産仲介を行っている企業及び店舗への就職を考えている場合は、不動産業界全体の業界動向について調べておく必要があります。現在、地価そのものが上昇傾向にあるため、不動産仲介に関連する就職に関しても窓口が広がっていることは大きいです。

しかし、不動産の価値はとても流動的なものであるため、今後どうなっていくかわからない事業であることも留意しておかなければなりません。安定した収入を得ていくためには不動産業界の状況についてしっかりと調べておいて、その中で長く活躍できる場所を見つける必要があるのです。

調べておきたい業界動向をチェック

それでは、不動産仲介業に携わっていく上で調べておきたい業界動向について説明をしていきます。

不動産業界の企業

特に就職を考えている場合、不動産関連の企業に関する情報をしっかりと調べておかなければなりません。業績等や従業員の雇用に関するデータの基本的な情報はもちろんのこと、最近どのような事業を行っているのか、都心以外にも事業を積極的に行っているエリアはあるのか、などいろいろな情報を調査していくことは業界動向を知るうえでの第一歩です。

どのような建造物ができている傾向にあるのか

建造されている物件について調べることもとても大事です。例えば、スポーツに関して力を入れている地域の場合スポーツ関連の施設が積極的に建造されることになりますし、都市開発を行っている地域ではオフィスビル、飲食ビルに加えて近郊に住宅地が建造されていきます。

不動産仲介業を営む場合であっても仲介業に就職する場合であっても、このような情報は仲介業の業績に関わる大きな事項になりますので、しっかりと調べておくべきです。特に自分が不動産業に関わる場所をある程度決めている場合は、その地域に関する不動産情報は必ず事前に調べておきましょう。

地価に関する情報

土地に関する価値は不動産業界にとって基本となるものです。前述の通り、近年地価自体は上がっていく傾向にあるのですが、不動産業はバブルがはじけて全体の価値が暴落してしまった過去があるように、地価が今後どのように転ぶのか分からないというのが一番の問題点になります。

地価に関しては国土交通省の公表しているデータを確認すればすぐに分かりますが、不動産業に関わっていくことを視野に入れている場合は、「地価が変動する可能性のある情報やニュース」についても知っておかなければなりません。

これから、長く不動産業に関わっていく場合は、事業に関わる前から地価に関する情報を積極的に仕入れて、自分が不動産業で成功していくためにはどのような着手を行っていけばいいのか、について考えていく必要があるのです。

業界動向以外のチェック項目もある

不動産業は簡単に参入することができる事業の一つのため、お金を持っている人が不動産の売買を行うことや、市場の盛り上がりに目を付けて不動産仲介業を営む企業に就職をする人も出てきます。

一方で、不動産業は過去に大きな損失を出してしまった人もいるように、「お金儲けが簡単にできるかもしれない」と安易な気持ちで飛び込んでいくと大変なことになってしまうリスクもはらんでいてとてもリスキーです。そのため、不動産に関わっていくことを真剣に考えているなら、不動産業に関して時間を投資することはいとわないようにしなければなりません。

不動産関連の業界動向を調査するというのはあくまで時間の投資の一つであり、これ以外にもいろいろと調べたり学んだりしなければならないポイントは山積しています。簡単に始めることができるからこそ、競合する人が次々と現れて大変になるという側面もありますから、甘く考えずにシビアに物事を捉えるようにしましょう。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る