失敗しない優良な不動産仲介会社の選び方を徹底解説します!

失敗しない優良な不動産仲介会社の選び方を徹底解説します!

93view

2018.07.20

不動産屋を選ぶ時のポイント

取り扱い物件数はあまり関係がない

不動産仲介会社を選ぶ時に何を基準にすればいいのか悩んでいる人も多いではないでしょうか。ここでは、不動産を借りるときはもちろん、不動産の購入や売却などでもお世話になる不動産仲介会社の選び方をご紹介していきます。

不動産物件の情報は「レインズ」と呼ばれる不動産流通標準情報システムで管理、共有されています。このシステムによって、他の不動産屋が取り扱っている物件でも紹介をしてもらうことが可能になっています。

従って、「物件数地域ナンバーワン!」などという看板には、ほとんど意味がないのです。気に入った不動産仲介会社の担当者に、「ほかの不動産屋に掲載されている物件なのだけど、こちらで扱ってもらえませんか?」と頼めば、どこの物件であろうと仲介をしてくれます。

仲介手数料割引のカラクリは?

不動産仲介会社にとって、仲介手数料は大事な収入源です。ところが、中には仲介手数料無料、あるいは、手数料半額を掲げている不動産屋も存在します。これは、どのような仕組みになっているのでしょうか。

このカラクリは、大家さんが出す広告料にあるのです。広告料が付いている物件は、不動産仲介会社が手数料半額などの値引きをしても、大家さんがその分が支払うので損失が発生しません。ただし、大家さんが広告料を支払ってでも契約させたいということは、不人気物件である可能性が高いといえます。

初期費用の安さに釣られて安易にこのような物件の契約をしてしまうと後悔をすることにもなりかねません。物件を探すときには最初から「手数料が安い物件」と選択肢を狭めてしまわずに、「いろいろな物件を選んでいたら運よく気に入った物件の手数料が安かった」というような流れになるのが無難です。

駅前立地は営業マンのノルマが高い

駅前立地の不動産仲介会社は家賃が高いので、営業マンのノルマも高く設定されていることが多いです。ノルマが高ければ、ゆっくりと余裕をもって対応をしてもらうことが難しくなります。営業マンとしては、少しでも数を捌いてノルマを達成したいでしょうから、広告料がついているような、あまり優良とはいえない物件ばかりを紹介される可能性も否定できません。

地域密着型のメリットは?

地域密着型の不動産仲介会社には、家賃の交渉がスムーズに進むという利点があります。大家さんとの付き合いが長く、物件の詳細についてもしっかりと把握をしているので、値下げに応じてくれる確率も高くなるでしょう。管理も兼ねている不動産会社であれば、空室が出たらすぐに紹介をしてくれるなどのメリットも考えられます。

目線を変えた選び方もあり

大手不動産屋のメリットは?

大手不動産仲介会社を選ぶメリットを考えてみましょう。まず、Tポイントなどと提携をしているので、初期費用などの支払いでポイントが貯まることがあります。中には、費用や家賃をクレジットカードで支払ったり、分割払いに応じてくれたりする不動産仲介会社も存在します。入居時には家賃の4倍から5倍程度の費用がかかるので、急な現金払いに対応できないときには重宝するでしょう。

担当者の人柄も大事

物件探しは簡単に進むものではないので時間がかかるうえに、多額の費用も発生します。長い付き合いになる営業マンは、大事な生活基盤を一緒に探してくれるパートナーです。営業マンの態度がよくなければ、気分よく契約を結ぶことは難しくなるでしょう。不動産仲介会社を選ぶときには、担当者の人柄も重要です。

しっかりと情報を公開し相談にも乗ってくれる、これは当たり前のことなのですが、「おとり物件」を掲載したり、無理矢理に契約を迫ったりするような悪質不動産仲介会社も存在します。こちらが希望する物件の話もそこそこに、他の物件の話をしてくる営業マンにも注意が必要です。

時間とお金をかけて選ぶのですから、誠実で借主側の立場になってくれる不動産仲介会社を選びたいものです。不動産仲介会社選びで迷ったときには、実績と信頼の「SUUMO」や「スマイスター」を使ってみることをおすすめします。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る